急に起こる鼻づまりの原因|鼻を圧迫して改善を行う

ゆっくり吸い込む

カウンセリング

生理食塩水を使う

冬などに風邪やインフルエンザの予防としてうがいをすることがあります。のどの辺りでゴロゴロさせたり、口に含んでゆすいだりすることもあります。うがい薬を好かうより、真水や緑茶で行った方が効果があるといわれています。鼻づまりの時に良い方法として鼻うがいがあります。花粉症の人が多くなったことで、医療機関などでも方法を教えてもらえる場合があります。ドラッグストアで専用の商品も売られているので使ったことがあるかもしれません。鼻づまりの時は鼻に炎症が起きています。炎症の原因物質などを流すことができるので、すっきりすることができます。日頃から習慣化しておくとなりにくくなるので、口うがいと同じように行っている人もいるようです。では、鼻づまりの時の鼻うがいはどのようにするかです。まずは使う水を用意します。専用の商品を利用するときはそれでよいですが、水を使うときは注意です。この時は生理食塩水を使います。冷たいままではなく、人肌ぐらいに温めた方がいいでしょう。真水で行うと、浸透圧の関係からつんとした痛みが出ます。不快なだけでなく、鼻にも良くありません。余計に鼻づまりがひどくなることもあります。体液と同じくらいの浸透圧にするのが良いとされています。実際に行う方法ですが、片方の鼻から吸い込み、もう一方の鼻から出します。慣れていなければ口から出してもいいでしょう。片方が終わればもう片方も行います。ゆっくり吸い込めば、痛みを感じることはありません。