急に起こる鼻づまりの原因|鼻を圧迫して改善を行う

詰まってしまう原因を知る

看護師

原因は人により違う

鼻づまりの原因は数多くあります。大きく分けると鼻の粘膜が腫れているタイプと鼻の骨などの変形タイプです。鼻の粘膜が腫れている人は、風邪や花粉症などのアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などがあります。変形タイプは外鼻変形、異物や腫瘍、プリープにより鼻づまりを起こします。鼻水はこれらのトラブルにより鼻の胚細胞やア血管から出てきた液体です。アレルギーの原因は花粉の他にもほこりなどが挙げられます。鼻の中の粘膜がアレルギーによって腫れてしまい、くしゃみを繰り返したり鼻水がたくさん出てきます。毛細血管の伸縮により腫れ具合も違てきます。腫れてしまうと鼻の中を空気が通らなくなり鼻づまりの減少が起きます。副鼻腔炎の人は細菌感染により鼻づまりが起きます。風邪を引いた時と同じです。風邪の場合は鼻の粘膜がウィルスにやられて抵抗力がなくなり、細菌に感染しやすくなるため鼻が詰まってしまいます。この場合、アレルギーで出てくれる鼻水と違い、粘着性のある黄色や緑の鼻水になります。副鼻腔炎になってしまうとさらに粘着力のある鼻水が出てきます。鼻そのものの形が原因の場合、左右のどちらかに鼻中隔が曲がっている場合が多いです。そのため、鼻の中をうまく空気が流れてくれません。ポリープができている場合も同様に空気が流れにくくなることで鼻づまりを起こします。副鼻腔の入り口近くにできることが多く、副鼻腔炎による腫れの悪化により粘膜が戻らなくなったものが多いです。子どもに多いのがアデノイドという鼻の奥にあるリンパの腫れによるものです。肥大することで空気の通りが悪くなり詰まってしまいます。